結婚写真の衣装を選ぶコツと注意点

結婚写真の衣装を選ぶコツと注意点

結婚写真の衣装を選ぶコツと注意点 結婚写真は、思い出や写真として残ります。後悔しないように、完璧な状態で挑みたいところです。しかし、結婚写真を撮る時の衣装で悩む方は決して少なくはないでしょう。ロケーションに合っていないと浮いてしまいますし、最高の一枚を残したいならサイズ感も考えなくてはいけません。まず何から手を付けていいか分からないときは、どんな写真を撮りたいのか全体的なイメージをはっきりさせておきましょう。その後和装、洋装どちらにするか決めることをおすすめします。

結婚写真で着用する衣装は個人の好みの問題があるうえ、全体のイメージを作り上げておけば、自ずと衣装の選択肢も絞られていきます。例えばチャペルや浜辺、洋風の建物などのロケーションで撮りたい方は、ウェディングドレスやタキシードが最適といえるでしょう。

一方で、日本庭園や神社、和風建築のある場所で撮影したいのであれば、白無垢や打ち掛け、袴のような和装が適しています。もちろん逆にしても問題はありませんが、写真のイメージが予想と違っていたり、違和感が強くなったりする可能性があります。担当のカメラマンにイメージを伝えるか、事前の打ち合わせで相談してみるのもおすすめです。

衣装のサイズにも注意します。特に女性のドレスは体のラインが出やすいため、自身の体型に沿ったものを選ぶことが重要です。なお、ドレスはいくつかのシルエットがあり、全体の見え方が変わります。例えばプリンセスラインやAラインはウェディングドレスの定番で、ふんわりとしたシルエットと女性らしいデザインが特徴となっています。他にも体型の美しさを活かすことができるマーメイドラインなど、さまざまなシルエットがあります。結婚写真のでき栄えに関わってくるため、決めきれない時は一度試着してみることをおすすめします。試着が難しい時は、自分のスリーサイズを計測して適切なドレスを選びましょう。

衣装にこだわりたい方は、使用されている素材で選ぶのも良いです。一口にドレスとはいっても使っている素材は異なります。例えば上質なシルクを使っているものもあれば、サテン生地を使用している場合もあります。素材が異なると光沢が変わるほか、着心地にも影響します。細かいデザインやディテールも変わってきます。どの素材が合うのかチェックしておきましょう。素材は重要度が低いと考えがちですが、結婚写真の全体の雰囲気に影響します。素敵な一枚を撮影するためには、こだわってみることをおすすめします。

最新記事